不動産の売買~様々な不動産の種類や買い方売り方~

太陽エネルギー

任意売却の流れ

任意売却の概要と説明。

任意売却とは、住宅ローンを完済していない状態、住宅を売却した金額を住宅ローンと相殺しても住宅ローンが残る状態で住宅を売却する方法の事です。 通常住宅を売却する際には、住宅ローンを完済し終えているか、住宅を売却した資金に手持ちの資金等を足し、住宅ローンを完済して住宅を売却するのが一般的な売却方法です。 しかし、任意売却では住宅ローンが残る状態で住宅を売却するのですが、この様な方法は誰でも簡単に行えるものではありません。何故なら任意売却を行うには、住宅ローンを借り入れている金融機関の了承を得ないと実行出来ないからです、残りの住宅ローンが回収出来なくなるリスクが上がるだけで、金融機関からすると何のメリットもないので了承を得る事は難しいのです。

金融機関等が了承してくれるケースとは。

任意売却を金融機関が了承してくれやすいケースもあります。 どの様なケースが了承してくれやすいかといいますと、何らかの理由で住宅ローンを支払っていくのが困難な状態に陥ってしまった方等は、相談すれば金融機関も了承してくれやすいです。例えば、今までは住宅ローンを支払うのに問題の無い収入があり、何のトラブルもなく住宅ローンの返済をしていたが、病気や突然のリストラ等で収入が大幅に減り、これまでの様に住宅ローンを返済していくと生活が出来なくなってしまう等のケースの方が了承してもらいやすいです。 逆に、金融機関等がなかなか了承してくれないケースもあります。例えば、離婚する事になり、今住んでいる住宅が要らなくなった、住んでいきたくない等の個人的な理由から任意売却の申し出をしても、金融機関等は了承をしてくれない様です。 こういった方の場合は、任意売却を専門に取り扱う業者や、相談に乗ってくれる機関等がありますので、その様な所へ相談すれば、その様な問題の解決にも協力してくれます。 任意売却はいざという時の売却方法ですので、通常の売却方法で住宅を売却出来るのであれば、そちらで売却する事をお考えになって下さい。